「みんなで筋肉体操」って何!?腹筋編のトレーニング内容を紹介

「みんなで筋肉体操」って何!?腹筋編のトレーニング内容を紹介

8月の最終週に突然NHKで始まった「みんなで筋肉体操」

 

「テレビを見ながら出演者と一緒に5分間の筋トレ。それで引き締まった理想的なボディを手に入れよう!」というのが趣旨の番組なのですが、23時50分頃からの放送と遅い時間の放送だったにも拘わらず、インパクトの強さからTwitterでも大量につぶやかれた話題になった番組です。

 

1回5分の番組で、第一回は「腕立て伏せ」、第二回は「腹筋」、第三回は「スクワット」、第四回は「背筋」というものになっていますが、今回はその中でも、「腹筋編」の内容について紹介していきます。

 

番組で紹介しているトレーニングメニュー

 

前半に1種目、1分間の休憩、後半に1種目といった構成になっています。

 

それでは、どういった種目を行っているのか見ていきましょう。

 

Advertisement

フルレンジ・ノンロック・クランチ

腹筋の上部に効かせるためのトレーニング種目です。

 

(1)大きめのバスタオルをたたんで置き、それを腰の下に入れて膝を立てて仰向けに横になります。

 

(2)2秒かけて上体を丸めながら上体を持ち上げていき、上げ切ったところでお尻を少し持ち上げます。

 

(3)お尻を上げ切ったら、2秒かけて元の姿勢に戻ります。

 

(4)(1)~(3)の動作を10秒かけて行います。

 

●行う時の注意点

 

・元の姿勢に戻ったとき、力を抜き切らないようにすること。力を抜き切ってしまうと、筋肉にかかり続けるはずだった負荷が逃げてしまいます。

 

メニューが終了したら、1分間休憩します。

 

ノンロック・レッグレイズ

 

 

腹筋の下部に効く種目になります。トレーニングを行うにあたり、背もたれがある椅子を準備しましょう。

 

(1)太ももが乗らないように浅く座り背もたれに腰掛けます。手はお尻の横に置き、膝をやや曲げて足を地面から浮かせます。

 

(2)息を吐きながら、2秒かけてできるだけ高く足を上げます。このとき、「きゅー」と腹筋に力を入れるように意識しましょう。

 

(3)息を吸いながら、2秒かけて(1)の姿勢に戻ります。

 

(4)(1)~(3)の動作を10回繰り返します。

 

これらの一連のトレーニングを1回として、体調を見ながら週に2、3回を目安に行うようにしましょう。

 

まとめ

 

全てこなしても5分程度なので、「運動不足でお腹周りを引き締めたいけどあまり時間が無い」といった人にはとてもおすすめのトレーニングです。

 

【忙しい社会人必見】早朝筋トレの効果とメニューを紹介

 

上の記事でも紹介していますが、朝の出勤前に行うと、一日中基礎代謝が高い状態を維持した状態で過ごすことができますので、ダイエット効果が高まるのでお勧めです!

 

また、腹筋が引き締まった状態が続くことになるので、お腹が凹むといった面で即効性が期待できます。