冬は下半身を鍛えて冷え性解消!自宅で簡単にできるトレーニングを紹介

冬は下半身を鍛えて冷え性解消!自宅で簡単にできるトレーニングを紹介

冷え性の対策としては、筋トレで筋肉をつけるのがおすすめです。

特に、足先の冷え性を治すためには、下半身の筋トレが効果的です。

そこで今回は、冷え性を改善するための下半身のトレーニング方法について紹介していきます。

冷え性の原因

トレーニング方法について紹介していく前に冷え性の原因について説明していきます。

一般的に、冷え性の原因は「血行不良」「自律神経の乱れ」「筋肉不足」と言われています。

血行不良

血行が悪いということは、体の末端まで十分に血流がいかなくなるので、結果として手足が冷えてしまうというわけです。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れることで、血管が収縮したままになるので、それにより血行が悪くなり、冷え性の原因になります。
  

筋肉量不足

体温を作り出すのは主に筋肉と言われています。その筋肉が不足していると、体から熱を生み出すことができず冷え性につながっていくことになります。

逆に考えると、筋肉を大きくすることで体から発生する熱量も多くなるというわけです。

なぜ下半身の筋トレが効率的なのか?

筋肉が増えることで体から発生する熱量が増えると説明してきましたが、下半身には体の筋肉の約7割があるといわれているため、上半身を鍛えることに比べて増加する筋肉量が多いというわけです。

また、ふくらはぎの筋肉は下半身の血流を心臓に送り出すポンプのような役割をしているので、トレーニングで刺激することで下半身の血行が良くなり、冷え性の解消が期待できます。

冷え性を改善するためのトレーニング種目

それでは、冷え性を改善するためのトレーニング種目について紹介していきます。

カーフレイズ

カーフレイズは、つま先立ちを繰り返すことでふくらはぎの筋肉を鍛えるためのトレーニングです。

ふくらはぎは、下半身の血流を心臓に送るポンプの役割をしてくれ筋肉なので、トレーニングで筋肉を動かすことで下半身の血行が良くなる効果が期待できるわけです。

それにより、足先まで十分に血液送ることができるようになるので、冷え性の改善が期待できます。

スクワット

スクワットは、太ももからお尻の筋肉まで、下半身の筋肉全体を鍛えることができます。

それにより、下半身全体の筋肉量が増えるので、体から発生する熱が増えて、冷え性の改善が期待できます。

まとめ

以上、冷え性を改善するためのトレーニングについての紹介でした。

「カーフレイズ」も「スクワット」も、自宅でもどこでも行うことができるトレーニングですので、冷え性に悩んでいるなら筋トレをして筋肉を増やしていくことを試してみてください。