糖質制限ダイエットによる口臭・体臭の原因と対策まとめ

糖質制限ダイエットによる口臭・体臭の原因と対策まとめ

各種メディアやネットで、気軽に始めることが出来るということで話題になっている「糖質制限ダイエット」。

ごはん、パン、麺類、イモ類、甘い飲料等の、糖質となるものの摂取量を減らすことで、楽にダイエットすることができるというものですが、
糖質制限の食事を続けていると、口臭・体臭がきつくなった、という人が多いようです。

なぜそのようなことが起こるのか、原因と対策についてご紹介します。
 

Advertisement
 

口臭・体臭がきつくなる原因

人間が生きていくためにはエネルギーが必要となりますが、そのエネルギー源となるものがブドウ糖(糖質)になります。
 

そして、ブドウ糖が足りなくなると、体に蓄積された脂肪を分解してそれをエネルギー源として使用し始めます。

 

糖質制限ダイエットとはこの性質を利用して、先に使われるエネルギー源である糖質を制限することで、蓄えられている脂肪の分解を促して痩せようというものになります。

 

しかし、脂肪が分解された時、「ケトン体」という物質が発生し、その物質に含まれている「アセトン」という物質が非常に臭い(りんご等の果物が腐った臭いに例えられることが多い)ことから、口臭や体臭がきつくなるというものになります。

※「アセトン臭」「ダイエット臭」と言われるそうです。

 

 

対策

 

運動面

 

適度な有酸素運動・筋力トレーニングで基礎代謝を上げることで、口臭・体臭の発生を抑えることが可能です。

理由として、「ケトン体」は筋肉で燃焼させることができるからです。

 

ここで気をつけるべきは”適度な”というところです。

 

激しい運動をすると、消費したエネルギーを補うために、より多く脂肪を分解してエネルギーを作り出すことから筋肉で分解できる「ケトン体」の量を超えてしまい、逆に口臭・体臭が悪化してしまう可能性があります。

 

食事面

 

体臭抑制効果の高い、クエン酸を含む食べ物を多く摂取することで、口臭・体臭を抑えることが可能です。

クエン酸が多く含まれる食べ物は、レモン、ミカン、イチゴ、パイナップルなどの果物や、梅干しからも多く摂取可能です。

 

なお、クエン酸は「ケトン体」対策だけではなく、疲労回復効果、抗酸化作用による老化防止効果なども期待できるため、積極的に摂取していきましょう。

 

 

Advertisement
 

最後に

 
ゆるく、無理せず、楽に痩せれるということで、話題となっている、糖質制限ダイエットですが、食事制限だけではなく、適度な運動や食べ物を意識していくことで、より効果的にダイエットになるので、これらも意識した、質の高いダイエットを実施していきましょう!