筋トレ 五つの原則を紹介!トレーニング初心者必見の基本

筋トレ 五つの原則を紹介!トレーニング初心者必見の基本

ダイエット目的であれ、筋トレ目的であれ、ボディメイク目的であれ、目標達成のために筋力トレーニングを取り入れていくなら、ガムシャラにトレーニングをこなすだけではある程度の効果は実感できたとしても、思ったような効果を得ることができません。

 

我々人間は機械ではないので、トレーニングの効果を最大限に高めるためにはメカニズムに則ってトレーニングに取り組む必要があります。

 

この重要なメカニズムについて、一般的に「筋トレ 五つの原則」と呼ばれる重要なものが存在します。

 

今回は、その五つの原則について、それぞれどういったものなのか、それぞれ紹介していきます。

Advertisement

 

意識性(自覚性)の原則

 

 

トレーニングする時、”このメニューは体のどの部位を鍛えているのか理解すること“、”体のどこを動かしているのかを意識すること“で、動員される筋肉量が増えて、鍛えたい部分に負荷を集中させるための原則です。

 

↓↓詳しくは以下の記事で紹介しています。↓↓

 

筋トレ 五つの原則~意識性(自覚性)の原則~ 筋トレする時は鍛える部位を意識しよう!!

 

漸進性の原則

 

筋トレを行って継続的に筋肉量を増やしたり、筋力アップをしていくためには、筋トレ→超回復→筋トレ・・・と繰り返していく必要があるわけですが、超回復によりトレーニング前よりも高い水準で筋肉が回復することになるため、ずっと同じ負荷では筋トレの効果が表れなくなっていきます。

 

そのため、常に同じような負荷で行うのではなく、少しずつ負荷を高めていくことで効果を実感することができるという原則です。

 

↓↓詳しくは以下の記事で紹介しています。↓↓

筋トレ 五つの原則~漸進性の原則~ 筋トレする時は徐々に負荷を増やしていこう!

 

全面性の原則

 


 
「全面性の法則」とは、上半身だけや下半身だけといった特定の部位だけを鍛えるのではなく、全身をバランスよく鍛えて、総合的に筋力・体力を鍛えていくという原則になります。

 

いくら一部の筋肉が優れているとしても、体全体から見た場合だと、不格好に見えてしまったり、他の部位とのバランスが悪くなり怪我につながってしまうことがあります。

 

見た目をかっこよくするうえでも、スポーツパフォーマンスを向上させるためにも、バランス良く全身を鍛えるということはとても重要なので、日々のトレーニングではこの辺りを意識していきましょう。

 

↓↓詳しくは以下の記事で紹介しています。↓↓

筋トレ 五つの原則~全面性の原則~ 筋トレする時は全身をバランスよく鍛えよう!

 

個別性の原則

 

 

トレーニングをする時は、自分の体質、体力、体格、目的に合わせたメニューを組んだり、負荷をかけて行うという原則になります。

 

今は昔と違って、ネットワークが発達しているので、自分が世界と比べてどういったレベルなのか簡単に比較することができます。

 

そういった場合でも、焦らずに自分のペースでコツコツ継続していくことが、目標達成の近道になるでしょう。

 

↓↓詳しくは以下の記事で紹介しています。↓↓

 

筋トレ 五つの原則~個別性の原則~ 筋トレする時は自分に合わせたメニューを組もう!

 

反復性の原則

 

 

「反復性の原則」とは、トレーニングを効果を得るためには、技術的なものにしろ体力的なものにしろ、継続していくことで初めてその効果が得られるという原則になります。

 

優れたトレーニング方法を知っていたり、優秀なコーチのもとで指導を受けることができたり、環境が整っていたとしても、それを継続することができないのでは、効果を得ることができません。

 

そのため、焦らず何回も反復していくことで効果を実感できるでしょう。

 

↓↓詳しくは以下の記事で紹介しています。↓↓

筋トレ 五つの原則~反復性の原則~ 筋トレする時は自分に合わせたメニューを組もう!

 

まとめ

 

以上、筋トレ五つの原則についての紹介でした。

 

これらの原則を総合的にまとめると、

 

・「全面性の原則」に則って全身をバランスよく鍛えましょう!この時、「個別性の原則」に則って、どこの部位を鍛えているのか常に意識しましょう!
・「個別性の原則」に則って、自分のペースでトレーニングを行いましょう!
・「反復性の原則」に則って継続しながらトレーニングを行い、「漸進性の原則」則って徐々に負荷をあげていきましょう!

 

ということになるかと思います。

 

筋トレに限らず、スポーツにも当てはまる原則なので、しっかりと覚えて日々のトレーニングに役立てていってください。